ガッツを変えさせられた漫画は意外といくつかあるものです。

自分が心境を変えさせられたは「椎名氏のアニマル百科」という漫画だ。
演劇は生き物学者を志す若者たちが集う山裾キャンパス理学部。中心人間表はそっちの助教です椎名了だ。その椎名と周りに掛かる准手解きたち、そして鳥獣がもたらす喜劇チックなほのぼの生き物漫画だ。標題とおり生き物が中ハートとなった漫画だ。
こういう作品にハマった理由は鳥獣がリアルで甘い。しかも各々の鳥獣の動向などがきちんと分かり易く描かれていて、難しい生き物図鑑を読んでいるよりもこちらを読んでいる方が何ダブルも面白いだ。またその鳥獣を世間話始める中心人間表たちも個性豊かで、笑える企業の多い作品でそっちも面白いところです。
僕、ペットを飼っているので作品に本心移入しやすく、また作品もそれぞれの生き物を育て上げるときの症状を取り、問題解決考えも見せ、生き物を大切にしていこうという心境をきつく押し出しているので、とても同調が持て今も続けて読んでいます。
こういう作品を読んで飼ってあるペットのことをもっと大事にしていこうと思えたし、ペット以外の生き物にも感覚を持ったり、目下ぶつかっていらっしゃる症状にも目を通すようになりました。
そこまで堅苦しすぎずに気軽に読める「椎名氏のアニマル百科」ですが、読めば自分の生き物への価値観が大きく変わって赴き、鳥獣への接し方も気さられる作品だ。
キレマッスル|どこで買えばお得?楽天とamazonなど比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です